株式会社メディアドゥテック徳島

電子書籍取次最大手の『メディアドゥホールディングス』と、徳島で50年続くシステム開発会社『テック情報』がタッグを組み設立。拡大する「電子書籍」市場へ参入し、次々と業務を拡大中。

徳島で産声をあげた「メディアドゥテック徳島」が持つ今後の可能性――

「株式会社メディアドゥテック徳島(以下MDTT)」が誕生したのは2017年3月。
同社の代表取締役社長の藤田恭嗣氏は徳島県木頭村出身です。また、著作物のデジタル流通や電子書籍取次などで日本のトップ企業である株式会社メディアドゥホールディングスの代表取締役 社長執行役員 CEOでもあります。
この徳島を本社とする株式会社メディアドゥテック徳島は、株式会社メディアドゥホールディングスと徳島で50年の歴史を持つシステム開発会社 テック情報株式会社と、そのグループ会社である株式会社徳島データサービスとの合弁会社となります。

MDTTの主な業務は大きく分けて2つあります。
一つは「オペレーション」。
出版社から納品された電子書籍を同社のシステムに登録し、販売できるようにする業務です。まさに電子書籍流通の根幹を担う仕事と言えます。
このオペレーション業務には、顧客である電子書店の店舗企画や、本の陳列、販促施策の企画・実施などの、運営代行(アウトソーシング)事業も含まれています。
もう一つの事業は「システム開発・運営」です。
電子書籍のコンテンツ配信や電子書店のサイト構築などの、メディアドゥの重要な基幹システムの開発や運営を担います。
創業以来、右肩上がりの業績を続け、2019年2月現在ではオペレーション業務をメインに行っており、設立からたった2年弱で約60名という体制に成長しています。

同社の強みは、今後も右肩上がりの市場でのサービスであるということです。

メディアドゥは、4大出版社(KADOKAWA・講談社・集英社・小学館)をはじめとする国内の出版社と取引可能な独自のポジションを構築しています。さらに海外展開も推進しております。
2017年3月に当時の電子書籍取次最大手の「出版デジタル機構」を買収・子会社化し、流通総額700億円超の国内トップの電子書籍取次事業者となりました。

電子書籍市場のマーケットを切り開き、今も拡大を続け、業界でトップを走り続ける「株式会社メディアドゥ」からの業務を受けることができ、徳島大手のシステム開発会社 「テック情報」からシステム開発の技術サポートを受けることが出来ます。
また、電子出版の市場は益々拡大することが予測され、2016年度の電子書籍市場規模は前年比24.7%増の1,976億円。5年後には1.75倍の3,500億円市場への成長が予測されています。

広がる市場と、確固たる営業基盤と技術力で、メディアドゥテック徳島は益々成長することになるでしょう。

システム開発が進むことによって、電子書籍の流通が進み、市場が拡大する

MDTTでは、メディアドゥの事業展開における重要なシステムの開発・運営を手掛けていくことが決定しており、現在そのための体制整備が進んでいます。
メディアドゥの代表的なシステムが「コンテンツ配信エンジン」と「サイト構築管理システム」です。

「コンテンツ配信エンジン(md-dc)」は、メディアドゥ自社開発のコンテンツ配信システムで、コミックや活字、雑誌、写真集など出版社から提供される様々な書籍をデジタル化した電子書籍データファイルを格納、配信します。 また、配信だけでなく、売上集計や各出版社へ支払う印税集計、レポート等の出力も対応しています。運用面においても、稼働率99.999%を誇り、月間最大約60億ダウンロードまで捌く事が可能で、電子書籍を確実に読者へ提供します。

「サイト構築管理システム(MDCMS)」は、メディアドゥ自社開発の電子書籍ストアシステムで、会員管理機能、ランキング機能、ポイント機能、決済機能など、ECサイトとして重要な必須機能を備えるとともに、データ分析機能として、売上管理機能、会員の継続状況・生涯成果管理機能、アクセス解析機能、広告成果管理機能等のデータ分析機能を備えており、戦略的なサイト運営をサポートします。

かつては、同社の親会社メディアドゥホールディングスを立ち上げた社長・藤田氏も、設立メンバーとともに、紙媒体のコミックなどを裁断して、それをスキャナーなどで読み込み、書籍のデータ化を行っていたそうです。現在は、そのまま配信も可能な電子データでのやりとりが主流となっているとのこと。「EPUBフォーマット」と呼ばれる電子書籍を流通させるための専用ファイルで、作業は比較にならないほど効率化されています。このようにシステム開発が進むことで、効率化を図り、より電子書籍が流通しやすい市場を作っています。

メディアドゥでは、「LINEマンガ」へのコンテンツ取次も担っております。このうち無料連載の多くを同社が受託し、徳島でデータ化の作業が行われています。電子書籍の日本トップを走る業務を受託することによって、同社にノウハウが蓄積されます。
そして、何よりこれらの業務を通して、最新のコンテンツに触れることができる――そんなところも職場としての大きな魅力となっているようです。

メディアドゥテック徳島で働くメンバー。コンテンツに興味を持っているメンバーが多く、楽しみながら働けているそうです。
メディアドゥテック徳島で働くメンバー。
コンテンツに興味を持っているメンバーが多く、楽しみながら働けているそうです。
Turn Up こぼれ話
徳島と東京の行き来がしやすい好立地!広々としたオフィスが魅力

同社オフィスが入居するジャストシステム徳島本社ビルは、徳島市川内町にあり、国道11号や徳島自動車徳島ICにも近く、また徳島阿波おどり空港も目と鼻の先と、アクセスに優れています。同社と東京のグループ会社は、1〜2週間に1回程度、モニターを通してリアルタイムの会議を行って、情報の共有が図られるそうです。それだけでなく親会社のOJTや新入社員研修、フォローアップ研修、マネージャー研修などに、社員が参加することも予定しているそうです。
東京と徳島を行き来が発生する同社にとって最高の立地と言えます。

また、徳島市街地や鳴門市街地も近く、徳島県内で居住・生活するうえでもとても便利な立地です。サーフィンのメッカで知られる小松海岸も近く、生活と自然のバランスもとりやすいことも魅力。ごくわずかな時間帯を除き、自動車による渋滞はほとんどなく、通勤や日々の暮らしにストレスはほぼありません。

広々したオフィスに、これからもたくさんの社員をお迎えしたいと考えています。
広々したオフィスに、これからもたくさんの社員をお迎えしたいと考えています。

会社概要

設立
2017年3月3日
資本金
4,500万円
売上
8,500万円
従業員数
60名
事業概要
システム開発受託/オペレーション業務受託/ソフトウェア開発・提供
使用プログラミング言語
・Linux(CentOS,RHEL など)の運用経験
住所
〒771-0135
徳島県徳島市川内町平石若松108番地4 ジャストシステム徳島本社ビル4F
アクセス
・JR徳島駅より徒歩で20分
・徳島空港より自動車で約15分
PAGE TOP