スタッフコラム

Web面接で一番やりにくかったシチュエーションと、事前の準備

最近の面接では、Web面接が多くなっています。Web面接に同席する中で気づいた注意してほしいポイントをご紹介します。

注意が必要なシチュエーション

Web面接で最もやりにくかったシチュエーションを共有します。それは「多数の面接官が1つの画面で登場」するケースです。


1台のカメラの前に3~5人の面接官が座っているときなどは一人一人の顔が小さくしか映りませんので、表情は見えません。マスクをされていたら最悪です。もう誰がしゃべっているのかすら分かりません。

面接官が自己紹介をしてくれた場合は、お名前を手元でメモして下さい。面接官の座席表を作っておくと、会話の糸口になり役立ちます。こんなシチュエーションになったときは、焦らず質問に対して一つひとつしっかりと回答することを意識してください。

なお、複数の面接官がいても複数の画面があり、1画面に1人ずつ面接官が映っている場合は、表情をしっかり読み取れますので、リアルとそこまで変わらない印象です。

Web面接の特徴と準備

1画面に複数の面接官が登登場するシチュエーションもそうですが、Web面接は全般的に面接が事務的な雰囲気になりがちです。発言に対してフィードバックや掘り下げが少なく、淡々と進むことがあります。「〇〇について教えてください。」「△△です。」「わかりました。では次の質問は・・」という感じです。

この場合は盛り上がりに欠けますが、そういうものだと割り切って焦らないようにしてください。

ここで重要なことは、「発言内容」がより吟味されることです。「表情」が伝わらない分、「発言内容」により一層注意が向くように思います。リアルの面接だとあいまいな回答でも、相手もにこやかに聞いてくれたり、相槌を打ってくれたりと発言を促してくれます。しかし、Webだとそのようなサインを読み取れないことがあります。

説得的に伝えられるように「志望動機」や「自己紹介」「自分の長所短所」など典型的で答えにくい質問に対しては回答を用意しておいたほうが良いと思います。

Web面接はメモを使った対策をしやすい利点があります。カメラの下にメモを置いておけば映りませんので、不安がある場合は事前にメモを準備しておくと安心できると思います。

注意点

!コミュニケーション力がある人ほど不利
もともとのコミュニケーション力が高い人ほど注意が必要です。そのような人は、表情やしぐさでよい感じを演出するのが得意です。しかし、Web面接ではうまく伝わりません。笑顔や雰囲気でごまかすことは難しいのでご注意ください。発言内容を重視して準備してください。

!声の大きさ
小声でゆっくり話す人は、リアルだと穏やかな印象ですが、Webだと消極的な人と映ってしまうかもしれません。声が小さいと自覚のある人は、挨拶や返事の時だけでも意識して大きな声を出すと印象はかなり違うはずです。

!目線が読めない
モニター上で面接官を見つめていても、相手はどこを見ているのかわかりません。対面では話している人に目線を合わせるのが基本ですが、Webではそれをしても伝わりません。だからと言って伏し目がちだと元気がないように見えてしまいます。
目線が上がるように、Webカメラ付近に視線を合わせるとよいと思います。例えば、モニター上部に映っている人に視線を合わせておくと自然だと思います。

!体の動きは映らない
話すときに身振り手振りをする人がいます。リアルだと一生懸命伝えようとしていることが伝わってきますが、Webカメラには映っていません。
もし意識して伝えるなら、顔の横や前に手を持ってきてください。

!部屋の様子
自宅の様子が映りこんでしまいます。面接官も個人の私生活に踏み入ることはしないと思いますが、整理整頓はしておくほうがよいでしょう。

これからWeb面接だという人は、ぜひ参考にしてください。

関連記事

  1. ワークスアプリケーションズ 様、大宣システムサービス 様、松本コンサル…

  2. 面接ウケがいいタイプの共通点 ―ジョハリの窓を使って自己開示―

  3. ACRの手法で、良い人間関係を築くテクニックを磨く

  4. 仕事の能率をアップさせるために。「人の目を避ける」or「注目を集める」…

  5. 2018年8月・東京での出張面談とイベントのお知らせ

  6. Sansan様、テクノデジタル 様、テック情報様、GDG Shikok…

PAGE TOP