スタッフコラム

面接やビジネスシーンで活用できる、印象を決定づける中心特性「温かさ」と「冷たさ」を解説!

求人票に「人柄重視」の選考と記載されていることがありますが、具体的に何を見ているでしょうか?
もちろん会社によって異なりますが、人柄を見るということは、「能力」「スキル」「経験」「資格」よりも「人柄」つまり性格や印象を大切にしたいということです。

例えば、営業職やカスタマーサポート、販売職や接客業など、対人業務の場合は、特に人柄を重視されることが多いと感じます。

また、徳島の中小企業であれば、社員数が少なく、人間関係が密になるため、人柄が採否を判断するうえでの重要な要素になることが多いように感じます。

人柄を判断するときに、どのような印象が最も重要か


印象を形成するという面からは、「温かい―冷たい」という印象が人の印象を形作る際に最も重要だと言われています。 人は「温かい―冷たい」を中心にみているといわれており、これを「中心特性」と言います。 そうでないものを「周辺特性」といいます。

「温かい」という印象の重要性

有名な実験を簡単にして紹介しましょう。
「知的で、冷たい人」

こういわれると自分の敵のような印象を持つのではないでしょうか。しかも、冷淡で恐ろしい人物ように感じます。
「冷たい」という印象は、「知的」という長所でさえ短所に変えてしまいます。
「知的で、温かい人」

こういわれると、聡明で頼もしい印象です。ぜひ仲間になってもらいたいと感じます。

「温かい」印象で行動が変わる
「温かい人」という印象は、面接を盛り上げる効果もあると思われます。

ある大学で初めて講義をする教授がいました。その教授の紹介文を学生に配布し、半分の学生には「非常に温かい人」だと説明し、残る半分の生徒には「やや冷たい人」だと説明しました。それ以外の紹介文は全く同じです。

全ての学生が一緒に授業を受けてアンケートに答えてもらったところ、結果には大きな差があました。「温かい」と書かれた紹介文を読んだ学生は、教授をより好意的に評価していました。

例えば、このような印象を持ったそうです。 ・他者に対して配慮がある ・社交的 ・人望がある ・穏やか ・ユーモアがある ・人情味がある
しかも、変わったのは印象だけではありませんでした。生徒の授業中の「行動」にも変化が起きていました。

「温かい」と紹介されていた学生は、授業中のディスカッションにより積極的に参加しました。好意を持った場合は、行動にも変化があらわれます。

面接で意識してほしいこと

面接官に「温かい人」だと知ってもらえれば、会話がより弾むはずです。自分の印象も良くなるだけでなく、お互いのことを知る機会が増えて理解が深まるはずです。

【温かい人の特徴】
・気持ちの良い挨拶ができる
・周りに安心感を与える笑顔
・人に気配りができる
・いたわりや気遣いが上手
・悲観的なことを口にせず、ポジティブで前向き
・精神が安定していて、余裕がある
・どんな人の意見も受け入れる
・見返りなく、他人のために行動できる
・困っている人がいると、手助けをする
・義理人情に厚く、受けた恩に必ず感謝する

いかがでしたか。自分自身にどれくらいあてはまりましたか?

面接の場などで、アピールしたいという想いが強すぎて、自分の実績やスキルの面ばかり強調してしまい、温かみのない内容になってしまうと「冷たい」印象となってしまうかもしれません。転職理由などでも、ネガティブで前の会社の悪口ばかりいっていると冷たい印象をもたれてしまうかもしれません。笑顔で感謝の気持ちを伝えることができる方が、温かさを感じてもらえるでしょう。

また、面接官以外への配慮も大切です。「温かい―冷たい」という印象は誰から伝わるか分かりませんので、受付の方、すれ違う社員の方にもしっかりと挨拶をする、お茶を出していただいたら軽く会釈をして、お礼を言うなども温かさが伝わるかと思います。

その小さな差で、冷たい=「敵」と認定されるか、温かい=「味方」と認定されるか、大きな差が生まれます。
実績や能力、スキルはあるにも関わらず、面接などでなかなか評価されにくい方は、「温かさ」が伝わるように意識してみてください。また、日頃からも「温かさ」を意識する行動をしていると、周囲からも良い評価につながっていくでしょう。

関連記事

  1. コロナ禍で「ニーズが高まる職種」「地方で採用しやすくなる職種」[202…

  2. 転職後、思ったように力を発揮できない“スランプ期”の乗り越え方

  3. スタンシステム様、富士コンピュータサービス様、サンエックス情報システム…

  4. 都心部で「DX」「副業」「在宅ワーク」が進む中、地方企業がチャンスを掴…

  5. 面接ウケがいいタイプの共通点 ―ジョハリの窓を使って自己開示―

  6. 男性育休取得のメリットと注意点。男性の育休取得で、助成金57万円など。…

PAGE TOP